一般歯科

むし歯治療や根の治療、入れ歯の調整など通常ご来院頂くほとんどの患者さんが一般歯科治療となります。当院の方針は「自分の歯をなるべく保存すること」です。患者さん本来の歯をいかし、快適な生活を送って頂けるよう、様々な知識、技術、方法をもって治療にあたります。入れ歯についても患者さん個人に最適な噛み合わせのものをご用意します。種類も豊富にありますので、お気軽にご相談ください。

むし歯の進行

むし歯は口の中にいるむし歯菌が糖から酸をつくり、その酸によって歯が溶かされていく病気です。早期発見、早期治療が鉄則で痛みを感じた時にはすでに手遅れの場合が多いです。他の病気と違って原因を取り除いても自然に治ることはありません。悪化したまま放置すると最悪の場合、抜歯しなければならなくなります。反面、早い段階で治療を始めれば負担が少なくて済みます。

  • ①歯の一番外側にあるエナメル質が溶けた状態。痛みなどの自覚症状はほとんどありません。

  • ②むし歯が象牙質まで達した状態。冷たい物や熱い物に痛みを感じることがあります。

  • ③歯髄と呼ばれる神経にまで達した状態。時に刺すような激しい痛みがあります。

  • ④歯冠と呼ばれる歯肉から上の部分がなくなり、歯根だけが残された状態。神経が死んでいるので痛みはありません。

根の治療

根の治療とは、歯の神経を取り除くことによって歯根周辺の病気を治療・予防するものです。深いむし歯などは、歯の神経が細菌に感染したり損傷したりして歯の神経が死ぬことがあります。治療しないと抜歯になる場合もあるので、早めの治療をおすすめします。

  • ①むし歯部分を除去し、歯の神経が入っている空洞部分まで穴をあけます。

  • ②細菌に感染した象牙質などを丁寧に除去し、消毒します。

  • ③生物学的親和性を有する素材で充填します。

  • ④修復歯を支えるための金属製またはプラスチック製の支柱を入れます。

  • ⑤セラミック製または金属製のクラウンで歯を被せ修復します。

治療を行う前に

治療を行う前に、まずはご自身のお口の中を理解して頂くことから始めます。理解して頂いた後、治療方針・治療計画を一緒に考えて治療のゴールを明確にしてから、治療を行いたいと考えております。

ただ、治療途中で変更になることや患者さんが疑問に思うこともあると思います。そういった時は疑問をそのままにせず、話し合いをして納得して頂いた上で治療を進めますので安心してください。

決して歯医者任せにしないでください。 “自分の歯は自分で守る”という気持ちを忘れないでください。

義歯(入れ歯)

一般的に失った歯と歯茎をレジン(プラスチック)でできた人工歯と床(しょう)で補い、それに人工歯と床を固定する金属でできたクラスプ(バネ)を歯に引っ掛けるのが義歯(入れ歯)です。

義歯は、局部床義歯(部分入れ歯)と総義歯(総入れ歯)に分かれ、局部床義歯は一つの歯が欠損した場合から一つの歯しか残っていない場合までに使用され、歯が全く無い状態に使用されるのが総義歯です。

保険適用義歯

大きな特徴は安価で修理が行いやすいことです。ただし、床はレジンのため、ある程度の厚みを必要とするので違和感を訴える方もいます。

保険適用外義歯

では、保険適用義歯と保険適用外義歯(金属床義歯やコーヌステレスコープ義歯)との違いは何でしょうか。

それは、義歯を固定するクラスプがかかる歯に及ぼす力の違いです。金属床義歯やコーヌステレスコープ義歯は残っている歯に優しく設計することが可能な義歯なのです。

金属床義歯

金属床義歯は残っている歯に優しいだけでなく、保険適用義歯で使用されているレジンの代わりに金属で作るため、薄く作ることができます。薄いことで違和感が減少し、舌触りがよく、舌の動きもスムーズなため、食事だけでなく発音も良好となります。

また、金属による強度だけでなく、熱を伝える性質があることから、食ベ物の温度を感じやすく、食事をおいしくいただくことが出来ることも特徴です。

コーヌステレスコープ義歯

コーヌステレスコープ義歯

コーヌステレスコープ義歯は、クラスプの代わりに歯と義歯の両方に茶筒式の冠を入れ、内側の冠と、外側の冠が茶筒のようにすっぽりとはまり込むタイプの義歯です。支えになる歯には、クラスプのような横揺れの力は加わらず、縦方向の歯にとって害のない力で維持安定させる為に、残りの歯にとても優しいのです。

また、茶筒式の冠で維持安定させるため、とても外れにくく、クラスプがないため審美性にも優れています。

ページトップへ