小児歯科

「子供の歯はいずれ生えかわるから、虫歯になっても大丈夫」と思っていませんか?小児期の口腔状態は大人になってもほとんど変わらないものです。小児のうちにむし歯になる原因を正しく知ってもらい、正しいブラッシングを習慣づけるサポートをしております。乳歯や生え変わったばかりの永久歯をむし歯や歯周病にさせないためにも予防を徹底しましょう。また、小児期の怖い体験をしてしまうと、そのことがトラウマとなり歯科医院に行くのを避けてしまう傾向があります。そうならないためにも、決して無理をしないお子さん一人一人に合った治療を心がけております。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することによって、歯の質を強くし、むし歯になりにくくする治療法です。永久歯が生え始める5~6歳ぐらいから始めるのがいいでしょう。

フッ素塗布の効果は口腔環境が清潔であることが前提となります。あくまでも予防処置ですので、ご家庭では保護者の皆さんが仕上げ磨きなどを行って、清潔な口腔環境を維持し、定期的に塗布されることを勧めます。

ページトップへ