歯周病

「歯磨きのとき血が出る」「朝起きた時口の中がネバネバする」「口臭が気になる」といった症状がありましたら、歯周病を疑ってください。歯周病は痛みなく進む怖い病気です。歯周病が進行すると治療が非常に困難で、最終的には歯が抜けてしまいます。また、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などとの関連性もあると言われており、全身に様々な影響を及ぼします。手遅れになる前の早めの治療をおすすめします。

歯周病の進行

歯周病は大きく歯肉炎と歯周炎に分けられます。歯肉炎が進行すると歯周炎になっていきます。プロセスとしては「歯肉炎」「軽度歯周炎」「中等度歯周炎」「重度歯周炎」と進んでいきます。歯槽骨や歯茎が大きく下がるくらい進行してしまった状態は元にもどりませんが、治療によって進行を抑えることはできます。歯茎の腫れや出血を止めて、健康な状態に戻すことは可能です。

  • 歯肉炎の始まる直前

    ①歯石と歯垢がたまり、歯肉の炎症が始まる直前です。

  • 歯周病菌が歯周組織に侵入

    ②歯肉が大きく腫れ、歯周病菌が歯周組織に侵入してきます。

  • 歯のぐらつき

    ③炎症が拡大して歯槽骨が破壊され、歯がぐらつきはじめます。

  • 歯槽骨が半分以上破壊

    ④歯槽骨が半分以上破壊され、歯がぐらぐらになります。

歯周病チェック

〇口の中がネバネバする
〇歯垢や歯石がたくさんついている
〇口臭が気になる
〇歯と歯の間に食べ物がたびたびはさまる
〇歯が長くなったような気がする
〇歯ぐきが赤く腫れている
〇歯ぐきを押すと出血や膿が出る
〇歯がぐらぐらと揺れる
〇かたいものがかめない、かみづらい
〇ブラッシングをすると出血する
〇冷たいもの、熱いものを食べると歯がしみる

【1~3項目当てはまる:歯肉炎か軽度歯周病の疑いあり】
毎日ご自身で行うブラッシングの改善を行いましょう。 放置すると進行して中等度の歯周炎になる可能性があります。

【4~6項目当てはまる:中等度歯周病の疑いあり】
歯周病が進行している可能性が高いです。すぐに歯科医院へ相談することをおすすめします。 検査の結果や状態に応じて適切な処置、治療を受ければ、進行を防げる可能性があります。

【7項目以上当てはまる】
重度の歯周炎の可能性が高いです。ここまで進行しているとご自身で歯周病という自覚があると思います。 もし歯科医院へ通院していないのであれば直ぐに診てもらいましょう。

大切なのは自覚症状が出る前に予防する事です。定期的なメンテナンスを行い、未然にお口の健康を守りましょう。

歯周病治療

歯周病治療の基本は、口の中のプラーク(歯垢)と歯石を除去して常に清潔な状態を保つことです。プラークはご自宅で行う適切なブラッシングである程度除去することができますが、歯石は歯科医院での専門的な器械で除去する必要があります。

つまり、自宅で行う毎日の適切なセルフケアと歯科医院で行うプロフェッショナルケアを両立することで、歯周病治療が成り立ち、また歯周病を予防できるのです。

当院の予防歯科はこちらをご覧ください。

ブラッシング指導・練習

歯周病の治療実績は実は患者さん自身のブラッシングにより左右されるのです。ブラッシングが悪ければいくら治療を行っても改善しません。また、治療後の歯周病・虫歯の予防でも適切なブラッシングは欠かせません。ですから、まずはブラッシングテクニックを身につけて頂くために、徹底的にブラッシング指導と練習を行います。

スケーリング・ルートプレーニング

プラークや歯石を取り除く処置(スケーリング)、スケーリング後に歯の表面にプラークや歯石を付きにくくする処置(ルートプレーニング)を行います。

歯周外科処置

スケーリング・ルートプレーニングまでの歯周基本治療で改善が認められなかった場合は、歯周外科処置に進みます。歯周外科処置にはフラップ手術や再生療法などがあります。

ページトップへ