院長コラム

命の危険もある歯周病

2015.01.20

人類史上最も感染者の多い感染症としてギネスブックにも載っているのが歯周病です。歯周病は中高年に多い病気とされていましたが、最近では10代や20代でかかる人が増えています。なかなか自覚症状が出にくく、自覚症状が出てきた頃にはかなり重症になってしまっていることの多い病気なので、日頃のケアがとても大切になってきます。

症状としては朝起きたときに「口がネバネバする」、「ブラッシング時に出血する」、「口臭がある」、「歯肉が赤く腫れる」、「歯肉がむずがゆい・痛い」、「歯が長くなってきたように感じる」、「歯と歯のあいだに隙間ができ食物が挟まりやすくなる」など、これらの症状が3つ以上当てはまれば歯周病の可能性が高くなります。

歯周病で恐ろしいのは放置していると心臓血管疾患、脳梗塞や脳卒中、肺炎、糖尿病の悪化など様々な全身の病気に罹る危険性を高めます。ですから歯周病の予防や改善は、全身の病気予防や改善にも繋がることになります。

ページトップへ